防虫加工&撥水加工

こんなお悩みありませんか?

防虫加工

繊細な高級ブランドのコートだし、来年までしっかり綺麗に保管したい…

防虫加工

虫食いを防ぎたいけど、市販の防虫剤は匂いが苦手…

Clapの防虫加工

防虫加工

市販の防虫剤と異なり、衣類自体に防虫加工を施すため、
虫が衣類そのものに寄り付かなくなります!

撥水加工

食べこぼしのシミがつくのって、どうやって防げばいいの?

撥水加工

ウインタースポーツウェアの撥水が切れてきたな…

Clapの撥水加工

撥水加工

雨などの水をはじくだけでなく、
汚れ自体が付きにくくなるので、この時期特にお勧めです!

防虫加工

当社の防虫加工は、 衣類の繊維をコーティングするので効果がバツグン!

Clapの「防虫加工」は、市販の防虫剤とは異なり、衣類の表面に専用防虫剤を噴霧して加工しますので、防虫効果が高く持続性があります。
また、無色・無臭で人体安全性が高く、衣類の風合いや触感も損ないません。
ウール・シルクなどの動物繊維は、虫食いの被害にあいやすく、また、汗や食べこぼしなど汚れが付着していると繊維の材質に関らず、虫食いの被害に遭うことがありますので、衣替えの保管の際は、クリーニング後の防虫加工をお勧めします!!

このようなお客さまには防虫加工をおすすめします

  • 動物繊維が使われている高級ブランド商品をお持ちのお客さま
  • 防虫剤を使うのが面倒に感じているお客さま
  • 市販の防虫剤の臭いが気になるお客さま
  • 市販の防虫剤を使って虫食いが発生したお客さま
  • 虫食いの被害から解放されたいお客さま

撥水加工

まるで魔法のコーティング! 大切な衣類を水や汚れから守る、超!撥水加工です。

Clapの「撥水加工」は、撥水加工剤を衣類にまんべんなく噴霧したあと、一定の温度で乾燥することで、より高い撥水性が得られるのが特徴です。
「防水加工」と「撥水加工」の違いは、「防水加工」は衣類の表面をすき間なく覆うので通期性が無く、着用時に蒸れてしまうのが難点ですが、「撥水加工」は微細なすき間が残る為、水分をはじきながらも通期性を保つことができます。
「撥水加工」は、雨などの水をはじくだけでなく、汚れ自体が付きにくくなる加工なので、この時期特にお勧めです!

撥水加工は雨などの水分をはじくだけではないのです!!

  • 通気性があり着心地が良く、衣類に優しい!
  • ドライはもちろんですが、水洗いや素材を問わず全ての衣類に加工が可能に!
  • 汚れがついてもとれやすい!
  • 花粉がついても手で払うだけでとれやすい!
  • 汚れがついてもシミになりにくい
  • カビや虫くいを防ぐ!
  • タバコの臭いや嫌な臭いを寄せ付けない!
  • 酸性雨から衣類を守る!
  • 撥水加工により、静電気の発生が抑えられ、シワも付きにくい
撥水加工は繊維の表面にコーティングしますが、そこには微細な隙間があるので表皮から発散される水分のうち粒子の細かいものや空気は隙間から衣類の外へ排出されるので、蒸れにくくなっています。また、雨粒などの大きな水分ははじいてくれます。
ページトップへ
会員登録はこちら